本文へスキップ

IVV国際市民スポーツ連盟認定
道後湯けむり遍路道ツーデーウォーク


久万高原町編

ニューヨークタイムズ誌で絶賛された四国遍路、
その中で使われていたのが岩屋寺の写真です。
神秘的な山岳霊場岩屋寺、美しい自然溢れる古岩屋からの道、
荘厳な大寶寺、のどかな久万高原町街並み、
地元久万高原町の新鮮野菜や美味しいパンなどが買える道の駅など
見どころ満載♪

12キロコース、35キロコースともに、
普通の地図には出てこないへんろ道を歩きます。
途中舗装されていない山道を含みます。
膝等、関節に痛みのない方におススメなコース、
ノルディック・ウオークポールを使用して歩くと大変快適です!! 
(レンタルあります)
森林・清流・里の秋を存分に楽しめる素晴らしいコースです。

12キロコース・35キロコース

岩屋寺(45番札所) 
標高700メートル!! 天空にたたずむ山岳霊場までの道は修行者泣かせの道・・・と言われますが、健脚な皆さんにとっては、境内までの道はまさしく森林セラピーロード!? 杉林の中、マイナスイオンのシャワーの中を歩きます。

坂道を登りきると天空に広かる境内全体を見渡すことが出来ます。国指定重要文化財である大子堂はじめ、巨石の中腹に建てられた本堂、本堂横には修験者が修行した岩窟があり、さながら神仙境のよう!!

弘法大師がこの地に訪れた時、仙人と呼ばれる空中を自在に飛行できる神通力がある女性と出会います。仙人は大師の修法に深く帰依し全山を献上したといわれています
古岩屋  
国指定の自然公園、古岩屋。約4500万年前の地層が残る巨大な岩壁で、国指定の名勝地であります。高さ60m〜100mのタケノコのような形をした岩峰が20あまり連なっており、特に紅葉の頃は美しく多くの観光客で賑わいます。

大会当日は、紅葉なのか紅葉の絨毯なのか微妙ですが、どちらにしても大変美しい遊歩道を歩き進み、ふと岩峰を見あげると、そこには不動明王様が・・・それにしても、あんな高い所にどうやってお祀りしたんだろう・・

※古岩屋を出てからしばらくお手洗いはありません。古岩屋荘あたりに公共トイレがありますので、ここで済ませときましょう!! 

古岩屋〜  
古岩屋からふるさと村までの道は車で行っても牧歌的でイイ感じなのですが、昔ながらの遍路道を歩くと本当に素晴らしい !! 森林の中、ふかふかの落ち葉を踏みしめ歩くと、心洗われるような気がします。
道々、詠み人知らずの句を記した杭などもあります。国道までの4kmくらいは車も通らないような道を歩きます。
清流をまたぎ超えて行くような所もあり、本当に楽しい道です。


※国道に出るまでのへんろ道は、昔ながらの道で舗装道路ではありません。なお、3kmくらいは民家もない道。トイレ・水の購入などは、古岩屋荘あたりで済ませましょう。
河合の休憩所あたり  
この付近は、当時15軒のへんろ宿が立ち並び、大変賑わったそうです。私達はいわゆる逆うちでいきますので、ここを過ぎると、大寶寺まで山越えです。

このコースの難所ともいえる、かなり急な坂を登ります。山道は急に心拍数が上がりますし、関節に対する負担も大きくなります。ゆっくり楽しみながら行きましょう。ポールがあると関節の負担が軽減されます。途中、石仏様に心癒され、ベンチに身体を癒されのんびり行きましょう


※またまたここからしばらくお手洗いはありません。休憩所にはお手洗いもありますので、ご利用ください。河合の休憩所を抜けてしばらく行くと、車の通らない遍路道(山道)となります。もし体調がすぐれずリタイアをご希望の方は、この辺りでタクシーを利用ください。

河合の休憩所。お手洗いもあります

大寶寺(44番札所)  
四国霊場のちょうど真ん中、44札所の大寶寺。久万高原町の中心に位置します。放浪の俳人、種田山頭火も訪れたこの寺への参道には巨木が林立しています。境内には山頭火の句碑や県下最古の芭蕉塚があり、多くの俳句ファンが訪れる寺でもあります。

昔、脳の病に苦しむ後白河上皇が病気平癒の祈願をして回復されたという逸話も残る大寶寺、静かで荘厳な雰囲気なお寺です。私が何より驚かされるのは、仁王門に奉納されている巨大な「わらじ」。四国八十八ヶ寺の中で一番の大きさとか。。。
久万高原町道の駅「天空の郷さんさん」
「さんさん」の愛称で親しまれる久万高原町の道の駅。様々な久万高原町の物産品、とれとれの野菜・農家レストラン・そしてとってもおいしいパンなどが大好評です。

なお、インフォメーション2階で開催されているギャラリーは無料ですし、お気軽にぜひ見ていってくださいね。

※12キロコースの方はここで休憩の後、バスで道後会場までもどります。35キロの方は、休憩後後半コースへと進みます。三坂峠からの山下りを安全に行っていただくために、35キロコースの方はここで時間制限があります


35キロ 究極の健脚コースの方はこのあとこちらのページへ

このページの先頭へ

shop info店舗情報

 大会お問合せ先

道後湯けむりツーデーウォーク
実行委員会

パンフレット ダウンロード
 

ダウンロード

郵送をご希望の方はFAX・mail・ハガキで

メール

FAX 089-943-8860

〒790-0921
愛媛県松山市福音寺町533-206

サブナビゲーション

プライバシーポリシー

copyright©20XX  all rights reserved.